バリューデザイン 上場廃止の理由

おすすめランキング1位
LINE証券の魅力を紹介 ^⌒☆
★1株から買えちゃいます
☆「スマホ利用で使いやすい」 ネット証券No.1
★LINE Pay・ポイントに対応

アララとバリューデザインは14日、6月1日に経営統合することで合意したと発表した。両社が手がけるハウス(自社専用)電子マネーによるキャッシュレスサービス事業の持続的成長を目指す。アララは33.26%の株式を持つバリューデザインの筆頭株主で、株式交換を通じてバリューデザインを完全子会社化する。統合後は共同持ち株会社への移行を検討する。 株式交換比率はアララ1:バリューデザイン3.2で、バリューデザイン1株にアララ3.2株を割り当てる。バリューデザインは東証マザーズへの上場が廃止となる。 アララが提供するハウス電子マネー「point+plus」はスーパーマーケットなど流通・小売業を中心に186社に導入され、年間約2200億円の決済実績を持つ。一方、バリューデザインは「バリューカードASPサービス(Value Card)」を中心にハウス電子マネーを展開し、飲食チェーン、スーパー、ホームセンターなど827社に導入され、年間決済額は7500億円規模。

M&A ONLINE
タイトルとURLをコピーしました