ソフトバンク絡みで話題のOYO Hotelsを初めて利用してみた【予約編】

OYO Hotelsの看板を見かける

OYOホテルのイメージ
OYOホテルのイメージ

先日、仕事からの帰宅中に「OYO Hotels」という看板を見かけました。
看板自体は簡素なんですが「OYO」という文字が目につくんですよね。

【OYO Hotelsとは?】
インドに本社を置く企業が運営する格安ホテル予約サービスです。ソフトバンク・ビジョン・ファンドなどから出資を受けている。

OYOというと

  • その①:ソフトバンクが出資しているホテル会社
  • その②:ネットでソフトバンク倒産?の引き金と言われている

という感想です。はっきり言って(個人的感想ですが)あまり印象が良くないホテルチェーンのイメージです。多分多くの人がそういうイメージを持たれているのではないでしょうか?入ってくる情報がネットから特にYouTubeからのものが多く、しかも動画解説で分かりやすいので、とりあえずは「悪いんだ」と信じてしまいますよね。

【OYOのことを調べてみた】
ユーチューブで”OYO”で検索をかけて調べてみると、「大丈夫?」とか「クレーム多発」中には「ソフトバンク倒産?」なんて少し行き過ぎではと思わせるタイトルを付けた動画がみられました。中にはソフトバンクが嫌いでとにかく悪口ありきという感じのものもあるようです。

OYO Hotels公式サイトで部屋を予約してみる

OYO Hotelsのホームページ

たまたま年末に仕事で京都に行く必要がありました。
いつもはいきつけのゲストハウスがあるのですが、興味もあるので今回はOYO Hotelsで調べてみることにしました。

【写真・高画質】OYOホテルのお部屋内部をパチリ!お客さんも納得の満足感♪

はっきり言って「安い」

第一印象はとにかく安いです。

私がいきつけの(そこもその地方では安いランクの)ゲストハウスより3割ほど安い値段設定です。安さの理由として

  • その①:本当に安い
  • その②:観光閑散期のため
  • その③:日本に上陸したばかりでキャンペーン価格かもしれない?

なんかが考えられます。

他のホテル予約サイトでOYO Hotelsを調べて見ると

一応他のホテル予約サイトで同じOYOのホテルを調べてみました。

価格はほぼ同じみたいですけど、予約サイト経由で予約を入れると宿泊料に加えてサービス料なんかが別途取られるようです。サービス料を支払ったからといって他に特典が付くというようなこともないみたいですし、これは直接OYO Hotels公式サイトから予約は入れたほうがいいみたいです。

OYO Hotelsを利用することに決めた

予約画面
はじめ
はじめ

2千円台の一番安い部屋に決めました

交通の便が良くて、写真を見る限りきれいな部屋があったので、この部屋にすることに決めました。今時ネットカフェでも同じくらい取られますよ。

公式サイトから予約してみた

予約後にキャンセルなどはできるようですが、あとあと煩わしいことが起きても面倒なので、ボタンを押す前にしっかりと内容を確認します。私が(料金のほかに)部屋を決めるうえで注目するポイントは

  • その①:設備の確認
  • その②:室内の写真はすべて見ること
  • その③:地図の確認

です。部屋にお風呂があるか、Wifiは無料で使えるかなどしっかりと確認します。さっそく部屋を予約することにします。

「今すぐ予約する」ボタンを押して予約画面に移動します。 予約完了までの手順は

①電話番号の認証 → ②名前・メールアドレスの登録 → ③支払い手続き

の流れになります。

【問題発生】電話番号が認証されない

電話番号を入力して、送信すると、【ワンタイムパスワード】がショートメッセージで送られてくるようですけど、送られてこない何度やっても同じ結果。なんで??

【いろいろ試してみました】
国番号が間違ってるんじゃないか?「-(ハイフン)」を入れないとだめなのか?とかいろいろやってみましたが全部だめ、ネットで「OYO Hotels 登録できない」など検索しても有効な解決方法は何も出てこない。少し諦めかけました。

【問題はまだまだ続く】問い合わせたいけど、どこに問い合わせていいのかわからない

直接メールか電話で問い合わせたくても問合せ先がどこにも書かれていない。「よくある質問」やFAQ、などで調べたくてもそれすらもない。会社紹介や公式ブログを見ても飛んだ先はすべて英語のページ。

どうすりゃいいの?

【正直な話】
心折れる一歩手前まで来ました。

◎ダメもとでもう1回チャレンジしたら・・・成功した

ダメもとでもう1回電話番号を送ってみました。すると認証コードが送られてきた!!

喜んだのもつかの間、時間制限付き(数分間)のパスワード(数字4桁)のため急いで入力します。しかも数字以外は全部英語。メールに何が書いてあるか分かりませんでしたがパスワードを入力しました。

認証されました(ほっと一息)。あとは名前、メールアドレス、支払い手続きとスムーズに進みました。予約完了後にメールで予約内容が送られてきました。

【すごく大事なこと】
送られてきたメールに「宿泊には政府の発行した身分証明書が必要です」の一文がありました。日本であれば免許証か保険証で十分でしょう。こういうことはもう少し目立つ感じで書き込んでくれないとチェックインの時にトラブルが起きるのでは?と思いました。

【まとめ】OYO Hotelsで部屋を予約してみた

話題のOYOホテルを予約してみての良かった・悪かった感想をまとめてみました。

良い所

  • とにかく安い

悪い(改善してほしい)所

  • 登録時にとまどう
  • 問合せ・ヘルプが不十分
  • 日本人、日本語対応したサイトになっていない

予約時点ではこういう感想を持ちました。しかし安いというのは最大の魅力です。悪い所も慣れれば問題もないでしょうし、やはりネット情報だけを鵜呑みにせず、実際に体験してみることが大事だと思いました。

実際に宿泊しての【宿泊編】はコチラからどうぞ。