【かんたん・無料】キャッシュレス決済の導入について

おすすめランキング1位
松井証券の魅力を紹介 ^⌒☆

【かんたん・無料】キャッシュレス決済の導入について

キャッシュレス決済

「 現金だけです」

2022年。早くも 数ヶ月経って 振り返ってみると 一番衝撃的な言葉は これなんじゃないかなと思う。ウイルスや紛争で 不幸な ニュース は 絶え間なく流れてくるが、 買い物先で店員さんから言われる「内は現金しか扱っていません」 が一番衝撃的な言葉 だったりします。

とはいっても 店側にとってみれば 今まで現金決済のみで うまくやってきたのに なんで他の決済手段を入れないといけないんだ? と思うかもしれない。 でも現金ってお店にとっても不便じゃないですか?

最近はどんな商品サービスを扱うかと同じぐらい どんな決済手段を用意しているかというのも集客にとっては大切な要素になってきました。

でもキャッシュレス決済導入って大変でしょ?

という声にお答えして当サイトではキャッシュレス決済について色々と調べてみました。

弱点は種類が豊富過ぎること

まずキャッシュレス決済サービスといっても 大きく分けて三つに分かれます。

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • QR コード決済

さらにそれぞれの下ににたくさんのブランドやサービスが存在します。こうやって見ると売る側にとっても買う側にとっても共通して思うことは「 キャッシュレス決済って種類多すぎ。何を選んでいいのか分かんない」ではないですか?特に売る側にとっては、あなたの店の商品を買いたいというお客さんがいても(客が) 普段利用している決済方法を取り扱っていないという理由で販売機会を逃してしまう、なんてことになりかねません。そこで当サイトが提案する画期的な解決方法は、

マルチ決済
 + 
上記マルチ決済で取り扱っていない決済方法の導入( paypayやaupay)

の組み合わせです。

おすすめはSTORES 決済

マルチ決済というのは上記にあげた複数のキャッシュレス決済サービスを1つの端末で取り扱えるシステムを言います。そしてそのシステムを提供する当サイトお勧めのサービスが「STORES 決済」です。

Q.まず最初にSTORES 決済とは?

A.2018年に創業された ヘイ(hey)株式会社が運営するサービスです。

Q.STORES決済の魅力的なポイントを教えてください

A. 分かりやすく言うとサービス満点(※1)で ほとんど費用をかけずにサービスを始めることができるんです(※2)

(※1)STORES 決済では以下の複数のキャッシュレス決済に対応

クレジットカード: VISA, MasterCard, JCB, American Express, diners, discover
電子マネー: Kitaca, Suica, PASMO, tolca, manaka, ICOCA, SUGOCA, nimoca, はやかけん
QR コード決済:WeChatPay

(※2)初期費用・導入費不要:初期費用や導入後の固定費はいただきません。
決済端末代:決済端末代金が ただいまキャンペーン中につき 2022年5月31日までの申し込みならば無料となります。
振込手数料:自動入金または売上10万円以上なら入金時の振込手数料が無料です。

Q. でもなんだか難しそう

A. 安心してください。 無料の問い合わせ窓口やわかりやすい動画で スムーズにサービスを始めることができます。

はいここまででキャッシュレス決済の導入についての 説明を終わります。 当サイトで紹介した stores 決済についてさらに詳しく知りたいなと思う方は 以下のリンク から公式サイトへ 移動してください。

STORES 決済 (旧:Coiney) |公式サイトはこちら


気になる銘柄を検索してみましょう
例えば「ソニー」と入力してクリック

コラム
面白かった、役立ったと感じたらシェアお願いします
IRリンク集
タイトルとURLをコピーしました